経営者の思い

■挫折を経験し、経営者の道を志す

私は、出身地の福岡から高校卒業後上京いたしました。
当時の夢はテレビドラマのプロデューサーか演出家。そしてその後、制作会社の設立を考えていました。しかし、恥ずかしながら下積みの中で鳴かず飛ばずの状態。とうとう体を壊し動けなくなり、夢というものが遠のいていきました。正直、実力が無かったのです。

_r1_c1

そんなとき、春山満社長の本に出合います「僕にできないこと。僕にしかできないこと」本当にすごい人がいると感じました。進行性筋ジストロフィーという不治の病に侵され、首から下が動かないのに、誰もが認める会社社長であります!

とても想像を超える凄さを目の当たりにしました!おまけに、会社経営を通じて、自分の周りを変え、そして社会の常識を変えていく。そのバイタリティが本当に素晴らしいことだと思いました。

そこで私もこのような思いを形にできる経営者になりたいと思い、そのために必要な「営業」を身に着けることが不可欠だと考えました。

営業を学ぶため自分を厳しい環境に置き、きちんと物事を遂行できる人間になりたいと心から思いました。
様々な営業をさせて頂きBtoCかBtoBなのかと実践しながら自分が役に立てるスタイルを模索しました。

■オフィス機器事業との出会い

そんなとき出会った商材がオフィス機器の販売でした!

社内の数字に対する圧力が厳しい中でもお客様が直接社長様との商談のため、様々な経験と成功されたお話を聞ける時間は貴重な時間となりました。この学びが財産となっていきます。これだけ身近に学べる環境を作れる商売はなかなかないと思いこの事業で独立しようと決めました!

しかし、そんな中販売を行ううちに問題もあることに気づいていきました。

オフィス環境というのはインフラからそして機器とソフトまで連動してこそ快適になるものだと。ですから今の機器の販売だけでは本当にお客様満足を上げられないと感じました!

そして私は、NTT東日本の受託業務にて独立をし、ブランドの導入1本化というものに注力していったのがこのアーチソリューションズ株式会社の初まりです。

■「環境づくり」は「人財づくり」

私は、冒頭でも紹介しました福岡県生まれの春日市というところで育ちました。
そこには、水城跡という城の跡地があります。

この水城は、博多湾方面からの攻撃から大宰府を守るための防御線となる直線状の堀と土塁です。普段は何気ない静かな水が時には脅威となり敵の攻撃から身を守ります。そんな力のある鉄砲水のような強さを会社に注入出来ればと思います。

そしてみんなの強い味方となる橋や門となり人と人をつなげ人と企業をつなげられる会社になりたいと考えます。

私たちは、各企業が必要な最新の快適づくりからサポートいたします!現在、企業は人財の成長が大きな課題となっています。
社内の部署ごとにやるべき課題は山積みです。コスト削減、生産性向上、機能向上、環境づくり、など様々です。

その中で、どのような職場環境で働けるかという環境づくりが人財のモチベーションに関わっていきます。さらに、企業は生産性を求めるあまり便利ツールの導入は不可欠となりあらゆる問題解決が必要となっています。

企業のオフィスから生まれる問題を解決し、私たちの知識と経験を通じて皆様に喜んでいただく。そして、安心していただける快適づくりを提供し職場を明るい環境に育てるサポートをさせて頂きます。そして企業が一番大事な人財がワクワク、イキイキと健康で明るく働けるオフィスの快適づくり、希望づくりを提供していきたいと思います!

 

 

philosophy-titlePhilosophy
code1
code2

  • int_img_10
  • int_img_13
  • int_img_081
  • int_img_11

プロフィール

代表取締役社長 林 貴文

経歴

福岡県大野城市出身
1996年  高校卒業後、上京しTVドラマ制作会社にて助監督を経験
1999年 営業力研鑽のためあらゆる営業経験を積む
(墓石、ガードマン派遣、プラスチック成形等の営業職)
2004年 オフィス機器販売会社の立ち上げおよびフルコミッションセールスにて個人で300社の取引き経験を持つ
2009年  NTT東日本受託業務を開始。法人向け通信機器においてトップセールスとしてNTT東日本より表彰を受ける
2010年 アーチソリューションズ株式会社設立

専門

オフィス向け通信機器、建設に係る総合業務(内装、建築、リフォーム)
各種工事業(電話、LAN、電気)、インテリアの開発・販売

所属団体

一般社団法人 流山青年会議所
日本青年会議所 建設部会 (平成25年度 事務局長を歴任、平成26年度 室長に就任)
一般社団法人 先端技術産業戦略推進機構(かわさき化学技術サロン 特別会員)
一般社団法人 EV安全協会グループ   在日大使館交流事業